黒のスーツ

看護学校の奨学金支給がスタートしました

無事2年生に進級できました。GWあけの小児のテストは、クラスで1番でした。ほぼほぼ最下位で入学した私が・・ここまで上がってこれるとは!!自分でもビックリです。1日は、24時間しかありません。いかに効率よい勉強法を見つけて頭に叩き込んでいくか?が大事なんだと思います。中学や高校のテストの範囲の比ではありません。膨大膨大。
ちなみにクラス順位もじんわり上昇中でもうちょっとで真ん中らへんです。今、高校生や受験生の皆さんに看護学校入学前にアドバイスできるとしたら「とにかく勉強頑張って」しかありません。勉強は、し過ぎってことは無いんだと思います。あとは心が折れそうになるので友達関係もものすごく大事。実習にむけて毎晩練習ばかりしているのと睡眠不足過ぎてテンションがおかしなことになります。

ところで私が入学した看護学校ですが2年生になる前に(1年生の冬休みころ)奨学金をもらうための面接がありました。同じ看護学校からも何人か面接を受けました。しかしこの面接は、「秒」で終わり拍子抜けしました。私は第一志望の病院の面接(奨学金を受けるための)に落ちたら、第2志望の病院も受けるつもりでした。第2志望の病院は、書類選考だけで面接は無しというもので奨学金を受けるための面接は、重視されていないように思いました。おまけに1年生の成績は、中の下っていうか下に近かったので成績も重視されて無いんだと思います。とはいうものの別に怠けていたわけではありません。勉強方法や自分なりのやり方を構築すれば、良いんだと思います。

奨学金

というわけで2年生になり私の貯金通帳には、毎月3万円ずつ奨学金が振り込まれています。卒業まで1ヶ月3万円×24ヶ月(2年)分で合計72万円奨学金が入ってきます。普通の奨学金と違って看護学校の奨学金は支給された年数だけ病院で勤務すれば奨学金の返済は免除になります。そのかわり病気やケガなどで学校を退学になったら一括返済しなければいけません。病院勤務が始まってからも病院を退職することになったら一括返却しなければいけません。親は、奨学金使えば良いのに・・と言っていますが恐ろしいので今のとこ使っていません。

奨学資金支給前に提出した書類について

  1. 奨学金支給申請書
  2. 誓約書(保証人に名前を書いてもらい印鑑証明届出印を押印してもらい印鑑証明を添付、保証人は別世帯)
  3. 住民票記載事項証明書(市役所などの窓口でもらう)
  4. 健康診断書(最寄りの病院でもらう)
  5. 在学証明書
  6. 本人名義の振込先預金通帳の写し

 

黒のスーツ

黒スーツも新調しました。

入学生を迎えるために黒スーツが必要とかで春休みのうちに病院の面接などで黒スーツを新調しました。3年生のときも必要だそうです。スーツは高いので入学するときに黒スーツを選べば良かったのかも?と思いました。黒スーツも前回と同様にAOKIで購入しました。しまむらで買えば1万円ぐらいで買えると思いましたがシワになりやすいんじゃない?と親が言うのでアオキで選ぶことにしました。スーツも3ランクぐらいあって(数年前の形でも見た目にはそんなに変わらない)安いものから高いものまでピンキリでした。パッと見大差が無かったので私は一番安いスーツを選びました。

spacer

Leave a reply