布団・毛布(東京西川)新生活(寝具)の準備いくらかかる?

新生活の準備といえば、お布団です。ネット通販でも良かったんだけどお布団や毛布だけは、さわった感触でえらんだほうが良いということ・・東京西川のお布団を取り扱っているお店に行ってきました。季節がら新生活応援セットなども3万円から4万円で販売されています。そして奥の方には、婚礼用の20万円から30万円の価格がついたセットが売られています。さわった感触以外に以下の点に着目して選ぶといいかも。

  1. オールシーズン使えるもの日本の気候にあった日本製
  2. 防ダニ
  3. 抗菌加工
  4. 防臭
  5. 吸汗
  6. 速乾
  7. 丸洗い可能ウオッシャブル

敷パットも毛布も掛け布団・敷布団も全部触らせてもらったけれど、正直価格の違いが、品質の違いだと思いました。マットレスを準備しなくても良いように厚みがある敷布団を選びました。四層式・シングル・羊毛混合です。重さは普通ぐらいだと思います。敷布団・掛け布団・毛布・カバーなどバラバラと単品で購入しました。布団袋もそれぞれついていたので引っ越しのときは、布団袋が活躍してくれそうです。引越し先でゴミが出ないように布団カバーもセットしました(気が早い!)

新生活に必要なお布団、値段の違いは品質の良さ

寝具の価格は、ピンきりです。私は、東京西川のおふとんや毛布ばかり見てきましたが、値段の違いが品質の違いだと思いました。格安商品もあり安いのを選べば寝具セットで1万円以下で揃うこともあります。ただ眠ることも大事なので、少しはこだわってもいいのかもしれません。働いてお給料もらえるようになったら、買い換えるかもしれないしとりあえず看護学校の寮にいる3年間は使い続けるだけの耐久性は、必須かも。

西川布団

毛布も値段が高いものほどふかふかふわふわ

冬は、良いにしても夏は、熱がこもりやすいので敷パッドは、必須かもしれません。今は、冬用の敷パットしか売っていないですけどね。毛布も東京西川の毛布にしました。新生活応援期間なのか、30%OFF価格で1万584円(マイナス3176 円)。高い毛布の方がさわったかんじがふわふわフカフカで柔らかいと思いました。柄もカワイイ!

毛布

母親は、安い!!と興奮しながら自宅用にもついで買いしていました。東京西川の毛布なので1万584円の4298円(30%OFF)と比べるとふわふわふかふかでなめらかですが、価格の違いは、あたたたかさの違いかもしれないと思いました。

東京西川毛布

私は、2月中旬にお布団や毛布を買いに行きましたが3月になったらもっと安くなるのかも。ただカバーとかも3月より2月農方が種類がぞろっているのかもしれません。

掛敷カバー

引越し先で面倒じゃないようにカバーもつけてしまいました。カバーは東京西川のじゃないので激安価格でした。布団

むぎゅむぎゅと布団袋に収納します。新生活が楽しみになってきました。!!

布団

進学先は、寒い地域なのであったか敷パット(敷毛布)も購入しました。引越し先でゴミを出さないためにタグや箱・ダンボールなども全部取り外しました。ゴミだけすごい量になりました。

ゴミ

敷毛布

新生活準備!寝具にかかったお金は、3万5000円

新生活準備のために家電やパソコンは、準備にお金がかかります。いくらかかったかまだ全部揃っていないのでわかりませんがパソコンや家電で50万円程?寝具にかかるお金は、3万5000円程。ホームセンターで生活用品3~4万円程。文房具で1万円程。進路の先生は、引っ越し準備に30万円と言っていたけど、もっともっとかかるんですね!

とくに家電にかかるお金が天井知らずお金をかけようと思うとキリがないくらいの金額になっていくので食器や消耗品を100均で揃えたとしても全然意味ないです。逆にいえば家電や寝具も新生活の準備をするとき妥協すれば良いのかもしれません。これから準備をされる方の参考になればうれしいです。あと私は、準備しなかったけど3月中はこたつ布団がかなり安く売られています。寒い地域で新生活が始められるなら来年用に買っておくと良いかもです。

spacer

Leave a reply