実習前の事前学習や課題提出に役立つ「病気が見える」シリーズ

看護学校の入学が決まったら準備しておきたいのが看護医学用の電子辞書と「病気が見えるシリーズ」です。どこの看護学校でも図書館にシリーズで置いてあると思います。ただ持ち出し禁止の学校もあります。看護学校合格のお祝いにいただいてもうれしいかもしれません!毎月1冊づつ買い揃えていくのもいいかも?1冊3000円から4000円で購入できます。

全部で10冊あるので揃えると3万5000円から4万円弱になります。病気が見えるシリーズは、イラストとビジュアルで分かりやすく的確で丁寧な説明がしてあります。看護学生でも理解しやすく病棟に入る前の事前学習や課題提出時に役立ちます。

病気が見える

  1. 病気がみえる vol.1 消化器
  2. 病気がみえる vol.2 循環器
  3. 病気がみえる vol.3 糖尿病・代謝・内分泌
  4. 病気がみえる vol.4 呼吸器
  5. 病気がみえる vol.5 血液
  6. 病気がみえる vol.6 免疫・膠原病・感染症
  7. 病気がみえる vol.7 脳・神経
  8. 病気がみえる vol.8 腎・泌尿器
  9. 病気がみえる vol.9 婦人科・乳腺外科
  10. 病気がみえる vol.10 産科

看護師や医師と言った医療従事者だけでなく病気をしている患者さんが本人が病状を把握するために購入するケースも少なくないそうで専門知識がなくても基礎的な言葉を使って解説してあります。教科書や医学書専門出版社の参考書よりも改訂しているため最新の情報が得られるのもうれしい点です。

spacer

Leave a reply