Francfranc(フランフラン)のバスマット(新生活の準備)

Francfranc(フランフラン)でバスマットを購入しました。フランフランは、女子っぽいガーリーな雑貨が多いので大好きです。8本セットのカトラリーも購入しました。買わなかったけど米びつ?ライスストッカー、トイレブラシ。トイレコーナー・壁掛けミラーもありました。実用的ではないけれど?うさぎのしゃもじなんかもありました。意外とオシャレで安価だったのが敷物(マットやラグ)部屋の雰囲気を決める重要なアイテムですよね。キッチン雑貨も食器も1つ1つがオシャレ。隠す収納というより見せる収納なんでしょうね。
フランフラン雑貨

う~ん、これは、どうなんだ?キッチンバサミ。地味すぎ?普通にホームセンターで買っても良かったのかもしれません。でもそこそこ高かったし公式サイトでは切れ味が良いと書いてあるので使い勝手に期待しましょう。

キッチンばさみ

カレーライスやグラタン皿に・・っていうかグラタンの作り方知らないんですけど。

カレーグラタンカワイイ!スプーンとフォーク。

スプーン・フォーク

フランフランに珪藻土のバスマットが置いてあったので触ってみました。さわったかんじは、かたいです!ふかふかふわふわのマットの方が吸水力がありそうです。お風呂大好きな私にとってお風呂あがりのマットの感触は、乾いてふかふかであってほしい!でも珪藻土はかたいんです・・タイルみたいな冷たさはないけどマットの柔らかさも捨てがたいです。

フランフランバスマット

珪藻土なら濡れた足でもすぐ乾くようですがガーリーな商品が多い中、現実的な珪藻土。笑。これで可愛かったら「買い」だけど女子の部屋には、地味すぎかも。普通のバスマットは天日干しや洗濯は必須だけど裏に水分がしみることもないのでカビる心配もないそうです。梅雨時に洗濯物が乾かなくても珪藻土ならOKなんですね。

珪藻土のバスマットって水虫大丈夫なの??

家族の人数が多いとバスマットってびしょびしょなりませんか。うちは、3人ぐらいでもすぐベタベタになってしまうので母親が「脱いだ服をバスマット代わりする」決まりを作って皆従わないので1人で怒ってることが多いです。今までは、母親が洗濯をしてくれていたけどこれからは、寮の洗濯機も自宅のように自由に使えるわけではありません。だからなるべく洗濯の回数を減らして・・と考えています。

ひとり暮らしが始まったら、バスマットの洗う回数も減らして‥・ズボラ。笑。でも水虫とか心配と思っていたら皮脂が気になる人はたわしで表面をゴシゴシこすればいいだけみたいです。

珪藻土バスマットは割れない

ところで板みたいな珪藻土バスマットですがもともと壁に使用されるもので人が乗ったぐらいでは割れないようにできているようです。

バスタオルより吸水!裏に沁みない珪藻土

四つ折りにしたバスタオルに水をしみこませると下にぼたぼた垂れてしまいます。でも珪藻土、小さな穴が水を吸水して放出するため表面だけは、ずっとサラサラなんだそうです。ってここまで珪藻土のバスマットを紹介しておきながら買ってきていないっていうね。笑。

新生活準備で買ってよかったランキング結果発表

1位、水分を吸って勝手に乾く珪藻土バスマット

2位、湿気取りと底冷え防止にテイジンすのこ型吸湿マット(エアジョブ)

3位、春先の冷えにコンパクトな暖房デロンギセラミックファンヒーター

4位、リバーライト「極」外がパリパリ中がふわのチャーハンができる!

5位、こだわりのナースシューズ

6位、軽くて割れない、くっきり映るセーフティーミラー

7位、関孫六カーブキッチンバサミ

8位、紙パック式掃除機 MC-JP500G

9位、一人用土鍋

10位、収納アップハンガー収納スペースを段差で作れるすぐれもの

新生活の準備ってあれこれ心配でたくさん買ってしまうけど、本当は一人暮らしを初めてから足りないものを1つずつ揃えていったほうが楽しいのだと思います。ただ収入がない学生なので親も心配してあれくれ色々買ってくれています。

 

spacer

Leave a reply