コミニケーションは、とれていますか?気をつけていることは何ですか(看護面接)

コミニケーションが取れますか?円滑な人間関係を築く上で気をつけていること

質問

先生や先輩・後輩・友達とあなたは、上手にコミニケーションが取れていますか?またあなたが円滑にコミニケーションをとるうえで気をつけいることはありますか?

模範解答例

回答

はい、先生や・先輩・クラスメートとうまくコミニケーションが取れています。高校では、○○部に所属しており遠征先の生徒と積極的に交流を図りました。小さい子やお年寄りとも接する機会が多かったのでどんな年齢の人とも会話ができる自信があります。円滑にコミニケーションをとるうえで気をつけていることは、笑顔でいることや相手の話をしっかり聞くことです。

合格のポイント

同性や異性の友達が多いか少ないかという人数の問題ではありません。あなたが看護学校に入り、同期生や他学年の先輩・先生と接していくだけでなく卒業後は、さまざまな年齢・性別・性格一人ひとり違う患者さんや家族と接していかなければいけません。看護師は、赤ちゃんからお年寄りまでそして現場での医療スタッフと円滑な人間関係を構築しながら状況に応じて適応する力が求められます。

仲間

看護学生が国家資格を取得後、医療スタッフの間で問題になるのが、新人ナースの臨床実践能力・コミュニケーション能力・アセスメント能力の低さだそうです。チーム医療に取り組む上で必要なスキルやコミュニケーション能力が低いため円滑な人間関係が構築しにくいようです。日々変化していく医療の現場では、患者と医療スタッフが連携しながら信頼関係を深めていかなければいけません。看護学校の受験は、評定や試験も大切ですが合格ラインスレスレのボーダーライン上の受験生が合格できるのは、コミュニケーション能力が高いか低いかを大きなウェイトをしめているからです。試験ができたのに面接がボロボロで不合格だったという話はよく聞きます。合否ギリギリなのに受かった人は、面接で一発逆転できたからなのかもしれません。

参考:「看護基礎教育の充実に関する検討会」報告書について

spacer

Leave a reply