看護と介護の違いは何ですか(看護学校の面接でよくある質問と答え方)

看護と介護の違いは何ですか

質問看護と介護の違いは何ですか

回答例

回答はい介護は、高齢者や身体障害者の日常生活(食事・入浴・排泄など)多方面の支援を行います。介護は、生活のサポート、看護は、日常生活の支援もしますが医療の面からのサポートを行い主治医の指示のもとたんの吸引・カテーテル・点滴・注射などの処診療補助ができます。

 

訪問看護と訪問介護似ているけど違います。

 

高齢者や身体障害者がいる家には、訪問入浴・訪問看護・訪問介護(ヘルパー)ケアーマネージャーなどがやってきます。それぞれの職種によって「できること」「できないこと」が決められています。看護師と介護福祉士は国家資格で介護ヘルパーは認定資格です。介護福祉士は、介護を行う人の指導ができる立場です。

介護福祉士

国家資格だから上、認定資格だから職種としてどちらが偉い!立派!優れている!どちらが下という話ではありません。(給料の違いはありますけどね)それぞれの職種を尊重し連携しながら協力して患者を見守ることが何よりも大切です。

 

 

訪問看護師

看護師も病棟で働く看護師もいれば、訪問看護として働く看護師もいるということなんですね。

訪問看護

訪問介護(ヘルパー)さんのお仕事は、患者さんの日常生活のサポート。看護師としてのお仕事は、日常生活のサポートもしますが、医療行為もOKということが大きな違いです。

訪問介護(ヘルパー)

ヘルパー訪問看護

訪問介護(ヘルパー)は、認定資格。看護師は、国家資格。という違いはあるものの患者さんにとって大切なことは、それぞれの職種が連携していくことだと思います。

 

spacer

Leave a reply