チーム医療で大切なことは何だと思いますか?

チーム医療で大切なことは何だと思いますか?

質問

チーム医療で大切なことは何だと思いますか?

 

回答例

回答

はい、チーム医療(チームいりょう)で大切なことは、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士など各分野の医療従事者がそれぞれの患者さんにとって1番適切な治療を提供するために連携することだと思います。医療従事者は、互いの業務を尊重し正確で十分な情報を理解しあい医療をすすめることです。近年増えている医療事故のリスクを防ぐために看護師は、ミスのないよう担うべき役割を果たしていくために報告や連絡を疎かにしないことです。

チーム医療

医療事故を防ぐためにもチーム医療は重要な役割を果たす

手術・投薬などの医療行為は、たった1つのミスが患者さんに大きなダメージを与えます。新卒であってもベテランのナースでも医療事故は、あってはならないことです。たとえば体内にガーゼを残したまま30年間、手術でワイヤ抜き忘れ静脈が破れてしまった、患者を取り違え乳がん手術を行ってしまった、執刀医が胃ろうのチューブも説明を読まずに空気を注入してしまい患者を死亡させてしまったといった命にかかわる医療事故はあとをたちません。

また看護師が患者に対しインスリンを過剰に投与してしまい患者が死亡した、消毒と血液凝固剤を間違えて処置室に運んでしまい死亡させてしまうなど医師からの指示が正確に伝わらなかったことや看護師の思い込み勘違いによるものもありました。看護師は人手不足で過酷な労働状況といいますが、十分な意思疎通や医療スタッフの連携がとれていたらもしかして防げる事故だったのかもしれません。

ヒヤリ・ハットという言葉があります。看護師がひやりとした経験があるのは9割に及びナースコールがなっても誰も詰め所にいないことがたびたびあったと8割が回答。患者の病態を十分に理解しないまま仕事に入ることがあると答えているものは8割もいるそうです。

看護師や医療スタッフにし対しての信頼が患者さんの全てです。「重大事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在する」といわれています。医療ミス(事故)を防ぐために医療チーム全員が同等と立場でお互いをチェックするような現場を作って行かなければいけないのだと思います

spacer

Leave a reply