医療看護福祉系に求められる適正とは?

質問医療看護福祉系に求められる適正とは?何だと思いますか?

 

回答はい医療看護福祉系に求められる適正は、「教養」「知識」「医療への関心」「やさしさ」「体力」だと思います。さまざまな年齢や性別・階層の違った人とコミュニケーションをはかります。専門分野に関する知識はもちながら芸術や社会のさまざまな出来事にも関心を持つことで幅広い価値観を広げていく必要があります。医療・看護・福祉で今何が問題になっていることたとえば投薬ミスや薬害などにも深く関心を持つことで自分の問題として置き換えていく必要があります。また病人や老人・弱者をいたわり患者や患者の家族に寄り添う「やさしさ」も大切です。

考える
看護学校の試験では、国語・数学・英語などの試験科目の得点を上げるのは、重要です。看護学校の最終目標は、国家資格取得。看護学校の中には、留年を何年も繰り返したり国家試験受験前に卒業試験が不合格になった場合、国家試験を受験することも許されず卒業もできないため再び留年となることも珍しくありません。入学時の生徒数が3年後、半数近くになっていることも珍しくありません。進学予定の「◎◎看護学校、卒業式、入学式」などで検索されるとパンフレットには、書いてない事実が分かることもあります。確実に合格出来る生徒だけを国家試験に向かわせるため合格率が100%になるからくりも知っておいた方がいいかもしれません。

看護学校の受験は、いわばその前の前哨戦(ぜんしょうせん)みたいなものです。面接で、看護師の適正を質問されるのは、「ただ頑張ります」「やる気があります」だけでは通用しない世界だからです。

spacer

Leave a reply