臓器移植について賛成ですか?反対ですか?その理由を教えてください

臓器移植について賛成?反対?その理由

質問臓器移植について賛成ですか?反対ですか?その理由を教えてください

 

回答例

回答はい。私は、臓器移植について賛成です。なぜかというと脳死の状態になったとき臓器を持つ人の役に立てると思ったからです。しかし家族で話し合った時に父は、自分の子供の体の一部がなくなることが耐えられないと反対と聞きレシピエント(移植希望者)の立場だったとしたら臓器提供者(ドナー)を待ちわび患家族側の立場だったら反対の意見もあることを知りました。複雑な問題ですが今は臓器が誰かの役にたつのなら賛成という意見を持っています。

喪服

臓器提供者(ドナー)から移植希望者(レシピエント)に送られる臓器移植は「命の贈りもの」

臓器提供者(ドナー)から移植希望者(レシピエント)に送られる臓器移植は「命の贈りもの」といわれています。愛する家族が誰かの体の中で生き続けるという思想と相反して愛する人の死を受け止めるための精神的な負担も強いられます。1997年に臓器移植法が制定され本人が脳死と判定され本人が臓器を提供する意思をドナーカードに残し家族が脳死臓器提供に同意した場合、法的に「脳死」を「死」とみなし臓器提供が可能になりました。

フィリピンの貧しい家庭では、臓器(腎臓)を28万円で売るという臓器売買も問題になりました。2009年に改正された臓器移植法では、家族の承諾により15歳未満の子供でも臓器が提供できるようになり本人の意思が尊重されることなく臓器提供が決められてしまうといった問題も勃発しています。子供であっても臓器提供の意思を持つように十分な情報が必要だと思いました。

愛する人の死を静かに受け入れたいという遺族(家族)の思いと本人の意思が同じものでなければ移植希望者(レシピエント)の命は、救うことができません。今は臓器提供を待つ以外助かる見込みがない病気も再生医療や人工臓器が進歩することで助かる命も増えていくといいなと思います。

 

spacer

Leave a reply