Archives

志望動機の書き方

看護学校(大学の看護科)の志望動機の書き方ですが試験前(出願時)に提出する学校も少なくありません。頑張りたい!やる気はあります!だけでは、伝わりません。パンフレットや入学案内の内容(設備が新しい・寮が整っている・合格率が高い)などを丸暗記するだけでは印象が弱くなります。

  1. 志望した理由(◎◎のような看護師を目指したいから)
  2. 志望したきっかけを書く(体が不自由な人との交流やお手伝いをしているうちにもっと学びたいと思うようになった)
  3. 具体的に目指す理想像を書く(過疎化の医療に役立ちたい)
志望理由動機
  • 実習先が地域医療に根付いた◎◎病院であること
  • 緩和ケア認定看護師を目指しているから
看護師を目指した理由
  • 小さいころお世話になった看護師さんに憧れて
  • (高齢・体の不自由な)家族が病気がちで病院が身近だったから
  • 病気をしたとき介抱してくれた友達のお母さんが看護師だった
  • 家族のお見舞いに行った時、看護師さんが家族の心配を和らげてくれた
  • 家族が看護師だったから
  • 看護体験に参加したとき家族のように慕われている看護師さんがいて自分もそのような看護師になりたいと思った
  • 家族が病気で倒れたとき泣いてしまい自分が無力だと感じたから
趣味特技 スポーツ(バレーボールやバスケットボールなど具体的に)読書(どのようなジャンルを読む)、音楽鑑賞、映画鑑賞、料理、パソコン、カラオケと答える人が多いみたい。おすすめは、スポーツ。ランニングやウオーキングなど。毎日20分以上続けいているなど具体的に記入。普段ストレス解消に行っていることを書いても良いかも?印象づけるものなので必ず書いておきたい項目(空白はNG)ゲームやアニメなどは、二次元の印象を持たれやすいので書かないほうが良い。看護師・看護学校での適性につながるような趣味特技が好ましい。特技は、柔道(黒帯)剣道初段なども記入できる。過去に実績がある場合、軽音楽コンテスト全国大会出場、インターハイベスト8など具体的な数字を書いても良い。たいした結果じゃなくても書いておく(たとえ3チーム中3位でも3位は、3位!)
資格
  • 英語検定2級
  • 漢字検定2級
  • 書道2段
好きな教科
  • 国語(古典や漢文は、難しい反面英文法の並び替えのような面白さがありました。漢字の読み書きを覚えるのが好きなので漢字検定2級にも挑戦したい)
  • 社会(世界史や世界地理は、人名や地名が混乱し覚えにくいことがありました。日本史や日本地理は新聞やニュース・大河ドラマなどと直結しており興味をもつきっかけとなった)
  • 体育(体を動かすことが好きだから)
嫌いなな教科
  • 生物(看護学校の勉強に役立つと思い選択したが暗記がむずかしかった授業では、解剖や実験が興味深いと思った)
  • 英語(基本となる単語だけではなく熟語も大事だと思った。何度も口に出し覚えるようにした)
  • 数学(公式を理解するのが大変だと思ったから。しかし難しい計算から正解も導き出すと達成感がある)
長所 人付き合いが得意、忍耐力ががある、明るい性格。(たくさん書くと自慢になるので1つか2つにしぼる)
短所 理屈っぽい・人の話を聞かない(このような性格であっても正直に書くと適性を疑われることがあるので気をつける)不器用な性格だと思う。部活動を通じて人の何倍も粘り強く努力することで結果につながることを学んだ

緩和ケア取り寄せた入学案内を見ると学校を選んだ理由(志望理由書)のほか、看護師を目指した理由・好きな科目・嫌いな科目・長所・短所、趣味‥特技・資格の欄がありました。面接でも得意な科目や苦手な科目を質問されるので、じっくり考えておくと良いです。不得手な教科があっても今は、克服している状態が望ましいです。

書き方のルールとしては、男子も女子も自分のことを「私」と書くこと、流行語や略語・話し言葉を使わないことなどです。受験生みんなが書くようなありきたりの文章にならないように気をつけましょう。

spacer