看護学校、病院奨学金受け取るまでの手順

黒のスーツ 2年生

2年生に無事進級できました。GWあけの小児のテストはクラスで1番でした。最下位で入学したのに(高校の成績もイマイチでしたw)自分が一番驚いています。成績が上がったのは、1日24時間を効率良く過ごすように意識したことと自分にあった勉強法を見つけたことです。看護学校のテストは、中学や高校のテストの範囲の比ではなく膨大で暗記する内容もたくさんあります。今、高校生や受験生の皆さんに看護学校入学前にアドバイスするとしたら「とにかく勉強頑張って」だけです。勉強は、し過ぎってことは無いですからね。

奨学金を受けるための面接

看護学校1年生の冬休みに病院で奨学金をもらうための面接がありました。同じ看護学校から10人近く病院面接を受けました。(追記:病院面接を受けた人は、ほとんど合格→就職は、奨学金をもらっていた病院に面接に行きほとんど合格、留年した子、卒業できなかった子は脱落)病院面接ですが練習は何もしずにのぞみました。面接が「秒」で終わり拍子抜けしたほどです。

第一志望がダメだったら第二志望の病院へ

第一志望の病院面接(奨学金を受けるための)に落ちたら、第2志望の病院面接を受けるつもりでした。A病院もB病院も家から1時間半の距離でしたし第2志望の病院は、書類選考だけで面接は無しだったからです。正直看護学校に入学するとき練習しまくった面接と比べたら簡単なものでした。

印象としては、奨学金を受けるための面接は、重視されていないように感じました。1年生の成績は、中の下だったので成績も重視されていないのだと思いました。ただ成績が悪いと単位を落とされたり国試に落ちたりするので成績下位は自力で這い上がりましょう。笑。少中高のとき成績が悪くても看護学校に入ったらいかに早く勉強方法を構築するかで成績は上げることが出来ます。

奨学金

通帳に奨学金が振り込まれる

2年生になり私の貯金通帳には、毎月3万円ずつ奨学金が振り込まれるようになりました。病院によっては、3年間5万円(合計180万円)のところもあります。卒業まで1ヶ月3万円×24ヶ月(2年)分で合計72万円奨学金が入ります。普通の奨学金と違い看護学校の奨学金は支給された年数だけ病院で勤務すれば奨学金の返済は免除になることが多いです。看護学校を留年した、卒業できなかった、国試に落ちた、病気やケガをした、学校を退学した、などで一括返済しなければならないこともあります。

病院勤務が始まっても決められた年数より前に退職することになったら一括返却しなければいけません。

母

せっかく振り込まれた奨学金を使えば良いのに・・

私

病院勤務2年のお礼奉公が終わるまでは、奨学金に手をつけないつもりです。(恐ろしくて使えませんw)

奨学資金支給前に提出した書類について

  1. 奨学金支給申請書
  2. 誓約書(保証人に名前を書いてもらい印鑑証明届出印を押印してもらい印鑑証明を添付、保証人は別世帯)
  3. 住民票記載事項証明書(市役所などの窓口でもらう)
  4. 健康診断書(最寄りの病院でもらう)
  5. 在学証明書
  6. 本人名義の振込先預金通帳の写し

 

黒のスーツ

黒スーツを新調

入学生を迎えるために黒スーツが必要、病院面接で黒スーツが必要、卒業式でも黒スーツと聞いて新しく買い揃えました。入学式のスーツは、2~3回着ただけですっかり太ってしまい切れなくなりました。黒スーツが必要なら入学式のときに準備しておけばよかったです。黒スーツは前回と同じAOKIで購入しました。しまむらで買えば1万円ぐらいで買えますがシワになりやすいんじゃない?と親が言うのでアオキで選びました。スーツは3ランクぐらいあり(数年前の形でも見た目にはそんなに変わらない)パッと見、差が分からず一番安いスーツを選びましたよ。

ブラックな看護学校生活を乗り切る

看護学校は、ブラックといわれますが生徒も教員も女性ばかりのせいかパワハラやアカハラ(アカデミック・ハラスメント)が起こりやすい環境です。臨地実習で複数回、失敗するとヒヤリハット(インシデント)で目をつけられます。目をつけられると普段しない失敗を繰り返してしまったりします。臨地実習は、病院によって雰囲気が違い看護学生など無視する病院もありました。

クラスメートの中には他の学生が書いたレポート、そのままコピペして提出する子もいたし先生にあることないことチクる子もいました。実習にむけて練習や事前学習、記録のために毎晩睡眠不足のせいか本来の性格が出ます。うつっぽくなって逃走する人もいました。明るく前向きなら耐えて乗り切ってしまいますしチクリ体質の子は、クラス中から無視されても教員を味方につけて看護生活を送っていました。(強メンタル過ぎて怖いです。)辛い場面や厳しい場面に直面しますがクラスメートに愚痴って一緒に耐えました。

看護学校で挫折しやすい人

看護学校の厳しさから遊びに逃げてしまう人も多いのですが気分転換で遊んだとしても現実から逃げないことが大事です。進級できなかった人、単位を落とした人、卒業できなかった人、挫折した人に共通していえることは、自分に甘い人です。自分に甘いから遊ぶ時間は捻出できても記録が出せない、期限内に提出物を出さないのです。遅れて出して白紙のまま、寝不足でできなかったという理由は、通りません。クラスのほぼ全員が睡眠不足です。記録を期間までに提出できないのは、看護師としての資質を問われるまえに社会人としても甘えています。自分の甘えを学校のせい教員のせいにする時点でダメなんだと思います。連日睡眠不足でかなり過酷な毎日です。覚悟をもつことが大事です。

コメント