インフォームド・コンセントについて説明を求められた時の答え方(面接)

インフォームド・コンセントinformed consentについて

質問

インフォームド・コンセントinformed consentについて説明してください。

回答例

回答

はい、インフォームド・コンセントとは、医療スタッフが十分な説明を患者に対して行い患者は、説明を受けたうえで治療に同意しそれを実行するというものです。患者は、自分の病状や治療法・薬について納得するまで質問することができ医療スタッフは、治療法や薬・副作用・プラス面・マイナス面危険性・回復率などについて説明を行わなければいけません。患者と医療スタッフが回復に向けて信頼関係を深めていくことが大切です。

医療スタッフ

インフォームド・コンセントや医療用語についてのポイント

インフォームド・コンセントや、ips・ガン告知・院内感染・医療ミス・脳死移植・性同一障害・安楽死・薬害エイズ・長寿医療制度などは、個人面接で説明を求められたりグループディスカッションや小論文のテーマなることも多い用語なのである程度把握しておき関連ニュースは新聞記事などを読んでおきましょう。基本的な知識は持つことで自信を持ってのぞめます。

インフォームド・コンセントについて簡単に説明します。1990年に日本医師会が発表した言葉で「説明と同意」という意味があります。患者のために医療スタッフが病状や治療法を説明し患者が治療法に同意することです。しかし十分な説明を理解したうえで治療法を拒否することもありえます。具体的に医師や看護師が説明する内容には、病状の説明や進行状況、治療法・医療スタッフが提案する治療法や根拠(メリット)、治療に伴う危険性や副作用や(デメリット)・治療にかかる費用についてなどです。

本人の意志に反して介入・干渉する医療パターナリズムにならない配慮が必要で医療スタッフと患者が信頼関係を深めることが大切といえます。面接ででやすい医療用語については簡単で良いので把握しておくと良いかもしれません。

ファースト・オピニオンファースト ファースト・オピニオンとは、第1の意見という意味。検査や治療を受けるに当たって、患者が主治医から聞く意見のこと。
セカンド・オピニオン 患者が検査や治療を受けるとき主治医以外の医師に意見を求め適した治療法を患者自身が選択できる
ホスピス 治療困難な末期患者のため残された命の質を高め終末期医療を行う施設のこと。看護師は患者や家族に寄り添い支え癒やす存在でありたい。
ヒハーラ ホスピスの役割に生老病死の苦を超えるため宗教的なケアを加え患者の不安や恐怖を和らげるもの。日本では仏教をとりいれている
長寿医療制度 4人に1人が65歳以上の高齢者という時代にはいり長寿医療制度は、75歳以上の後期高齢者が対象で始まったもので介護保険料(全国平均5514円)と75歳以上の高齢者が払う保険料は、(全国平均5668円)となり毎月1万円以上が年金から差し引かれており年金収入に頼る高齢者にとっては、大きな痛手。
インフォームド・コンセント 患者と同じ目線に立ったケア。治療方針を十分に説明し同意を得たうえで治療を行うという考えが基本になっており患者中心の医療となるためこまめなコミニケーションや患者の心に寄り添うことが大切
 医療ミス  手術や投薬などの医療ミスは、患者と医療スタッフの信頼関係により成り立っている。あってはならない問題だが、量、数値、名前の確認とともに医療チーム全員で連携し声をかけあい確認する。同じ情報を共有しお互いにミスが無いようにチェックしあえる関係性でいることが大切。患者に対しても十分なインフォームドコンセントを行いリスクを防ぐことが大切。

 

 

spacer

Leave a reply